スポンサーリンク

ガンスト記

ゲーム
なんだかんだ人生にも交友関係にも大きく影響を与えたガンスリンガーストラトス(通称ガンスト)
そんなガンストについての思い出を徐々にまとめていこうかなと思い立ち、まぁまぁな時間を掛けつつ記述中
全部書いてからアップロードしようとするとだいぶ遅くなってしまう気がするので、思いついたときに追記していくスタイルで行こうと思います。
スポンサーリンク

はじまり

Sound Horizon(以下サンホラ)の友人にコスプレカラオケに誘われ参加。確か場所は高田馬場の二次会で事件(?)は起きた。
目の前に座ったそこまで話したこともない女子大学生(以下JD)に「ガンストに興味ない?大丈夫、無料で遊べるよ」というどう考えても危なそうな誘い文句に乗り、仕事の終わりに小田急線の鶴間に降り立つ私
駅から少し離れたイミグランデ大和店へ行き、無料プレイチケットを渡され、「さぁいくらでも遊ぶがいい」と言ったかは定かではないし、若干誇張してる気もするが、まぁまぁのクレジットを投入してもらい、初プレイ楽しんだ
説明すると当時時間貸しをするとクレジットサービス(以下クレサ)を貰えるというシステムがあったために、ガンスト仲間で全台貸ししたときに大量にクレサを貰えたが、近くに住んでる人がいないために消費に悩んだ末に釣れそうな人間を誘ったというのが正確な情報である。
最初に選んだのは草陰稜という忍者っぽいキャラクター
ここからは超個人的な話になるが、俺は素早くて手数が多いキャラにとても惹かれるのである。
ただし、超向いてないので絶対に続かないのである。
最終的には一撃の重い、重量級キャラに行き着くのがいつもの流れ
そして早速その翌週には第一の相棒「真加部主水」と運命的な?出会いをするのであった。
話を戻して、ここまでの流れを簡潔にまとめると
コスプレカラオケの二次会で、あんまり話したことのないJDに平日の夜暇?ってゲーセンに誘われて、夜な夜なガンストをしたという流れである(語弊)
まんまとハマった私は道ずれに当時仲良くしていた別のサンホラ仲間を誘い、泥沼の道を歩むことになる。

無印時代

誘ってくれたサンホラのグループと俺の誘ったサンホラメンバーは、オフ会への参加タイミングが違うため、人によっては関わり合いがあまりなかったりする。
厳密に話すと長くなるけど、初期メンバーと途中参加メンバーみたいなグループ分けな感じ
ちなみに自分は途中参加メンバー側の人間である。
ガンストを開始した時期もそんな感じだったので途中参加メンバー側は腕前もランクも劣っていたために、途中参加メンバーの4人は割とガチで練習した。
金曜日の夜9時から2時間練習して、遠い人は近くの人の家に泊まって、翌日土曜日の朝9時にまた集合して、バースト(協力プレイ)練習みたいなのを何度かしたくらいにはハマってました。
ちなみにガンスト自体は、4vs4の合計8人による対戦ゲームであるため、4人で1チームのゲームである。
一番最初のバトルアリーナ(公式大会)には流石に参加は出来なかったが、そんな感じのバースト練習をし、下手くそなりに考えに考えて、各個人の長所を生かした他のチームがやらないようなチーム編成にして第二回バトルアリーナを迎えた。
初戦の相手は、まさかのその時点での最高ランクであるGSを要するチーム
正直ヤベーほどのランク差でまぁ大方の予想ではまず勝てないと思われてたんですが、まさかまさかの勝利
今考えても多分2回戦だったら負けてた気がするくらい相手の動きが固かったのと、ホントうちらの編成がハマってくれたのが大きい
結構特殊な編成だったおかげで未だに覚えているんだけど、
18ウォーリアー
14ヴァンガード
20バトマス
15ストライダー
という低コスト6落ち編成(細かいコストは違うかも)
18ウォリと14ヴァンガの2落ち編成
相手が公式大会の固さのためか慎重になってたところに前衛二人が一気に攻め込んだおかげでラインが上がって大型ボムが当てやすかったという記憶
ゲームやってる人にしか分からない内容になってしまったけど、初の公式大会で格上に勝利できた記憶は結構印象的だった。(ちなみに2回戦で負けました)
そんなこんなで初の公式大会を終え、まもなく発表された第二の相棒「シュリニヴァーサ・セン」と出会い、Aランク帯だった私は、凄い勢いでランクを上げ、GSランクを達成することとなった。(強キャラ補正)
ちょうど同じ頃に俺の中で一番の神イベだと思っている舞浜アンフィシアターで行われたストラトスフェスティバルが開催
詳しくはこちらをチェケラッチョ
会場広かったし、キャラTシャツのセンスが凄く良かったし、内容も楽しくて凄く良いイベントでした
そんなこんなでGS線を通して、主水オフに参加したり、中級者大会に出場したり、時間貸しの予約を取って朝から晩までずっとガンストやったり、割とというかかなり濃厚な時間を過ごしたガンスト無印時代の約1年間でした。
最後の最後にGSからSまで下がったランクを気合いでGSまで戻して、ガンスト2を迎えることとなる。
第一部完

コメント

タイトルとURLをコピーしました