スポンサーリンク

【カメラ】単焦点?高倍率ズーム?

カメラ

ここでは一眼レフ、またはミラーレス一眼カメラを買おうと思った人が、悩む点が2つについて書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

どのカメラを選べばいい?

メーカー、種類が多すぎて何を選べばいいか分からないという人はとても多いと思います。

好きなメーカーや好きなデザインがあれば是非、そのメーカーにしましょう。

持ってて嬉しくなるというのはモチベーション維持にとても大事なことです。

特に気に入ってるメーカーが無ければ、キヤノン、ニコン、ソニーから選ぶのが無難です。

何故なら安価なサードパーティーレンズ(SIGMAやTAMRONなど)が豊富なため、レンズの出費を抑えられるからです。

 

メーカーを選んだら今度はカメラのグレードを選ぶことになります。

多くのメーカーが大まかに初級機、中級機、上級機に分かれています。

 

撮影するものにより、大まかに分けることができます。

※カッコ内はニコンのAPS-Cの機種を挙げています

・静止しているもの:風景、ポートレート

→初級機(D3400、D5600)

 

・暗いもの:夜景、ライブハウス

→中級機(D7500)

 

・激しく動くもの:動物(野鳥など)

→上級機(D500)

 

カメラ本体に関しては大は小を兼ねるため、一つランク上の機種を選ぶのが無難かもしれません。

超大雑把に分けたので賛否はあると思います。

なので細かい部分は是非Twitterなどで質問してください。

 

どのレンズを選べばいい?

買うカメラを決めたら次はレンズについてだと思います。

ダブルズームレンズ買ってなんでも撮れるから特に必要ないと思う人は「戻る」ボタンでお帰りください。

そして必要になったらまたお越しください。

 

撮影した写真の出来映えは、カメラよりもレンズ次第と言われるくらいに一眼カメラにとってレンズはとても大事なものです。

極端な話、スマホと似たような写真を撮るだけであればスマホで十分だと思います。

現に自分は好きなSIGMAの50-100mm F1.8というレンズだけを持って行くときは、50mm以下の広角写真はスマホで撮ります。

 

だって広角(28mm前後)がスマホと一眼カメラの区別がつきにくい画角なんだもの

 

って言うとカメラ大好きな人から「全然違います」って来ると思う。

そりゃ違うわ!(どっちやねん!!!)

 

正確には技術とそれを体現できるレンズが揃って初めてスマホと差別化できるレベルだと思います。

普通に撮ったら正直プロですら見分けすらつかないと思います。

 

さてさて初心者が迷いがちないくつかの現象について私個人的な回答をします。

 

・ダブルズームキットって必要?

カメラの難しいところで使い方次第になってしまうのですが、子供の運動会や動物園での撮影など、遠くのものを撮るときに望遠レンズが必要になります。

逆に言えば、そういうのを撮るシーンが無いのであれば必要ありません。

現に自分も70-300mmは持ってますが、1年で3回くらいしか使ってません。

さらに言うと望遠って広角で代用できるんです。

最近のカメラの2400万画素くらいになるとホントに一部切り取ってもSNSであればそこまで問題にならないくらいの画質でトリミング(切り取り)できます。

もちろん、望遠レンズで撮った写真と比べたら望遠レンズの方が綺麗です。あくまで劣化するけど代用できるレベルです。

逆に望遠はどんなにひっくり返っても広角の代用はできません。

ただ明確に遠くのものを撮りたいときは望遠レンズは非常に便利です。

あまり使わないけど、カバンの奥底に置いておくとたまに役に立つのが望遠レンズです。

 

・高倍率ズームって便利じゃん!

凄く便利です。自分もこれを持って海外旅行行きました。レンズ交換もしないで済むのでとても楽です。

 

…が売りました。

確かに凄く便利なんですが、前述通り、望遠で撮ることがほとんど無いし、風景撮ってると思うんですが、結局旅行などの写真は広角気味を撮ることが多く、正直スマホとほとんど変わらない画角での写真を量産しました。

別に悪いことではないんですが、それなら最初からスマホで撮れば良かったんじゃない?と思ってしまったので必要性を感じなくなってしまったのが一番の原因でした。

せっかく一眼カメラを買うのでしたら記録はスマホで、作品を一眼カメラで撮ることを考えたら高倍率ズームは必要と思わなくなりました。

いざとなったら上の望遠レンズか標準ズームをトリミングすればいいと考えるようになりました。

 

・単焦点レンズは?

自分は今まで単焦点レンズが苦手でした。

一度買って全く魅力を感じなかったからです。

何故なら作品ではなく、記録ばかり撮っていたからです。

そのため、なるべく自分の好きな写真を撮ろうとズームレンズしか選びませんでした。

ただボカし方や被写界深度を勉強して、マニュアルモードで撮影できるようになったら途端にまた単焦点レンズが欲しくなりました。

こればっかりはその人がどういう写真を撮りたいかによってしまうため、一概に単焦点はいい悪いとは言いづらい部分ではあります。

しかし、単焦点レンズは一眼カメラの素晴らしい画質を引き出す唯一無二の存在だと思います。

どんなに背伸びしてもズームレンズは単焦点レンズの画質には勝てません。

ズームレンズに比べて見た瞬間に写真が”違う”と感じることがあります。

写真がシャープと表現することがありますが、解像度が高いとそう見えることがあるみたいです。

これがシャープ沼?です。

全ての単焦点レンズそうなるとは言えませんが…

 

結局…

風景や旅行の写真を記録として残したい→高倍率ズーム、ダブルズームレンズ

画質よく撮りたい、作品ぽくしたい→単焦点

 

そんな感じでとりあえず選ぶ目安にすればいいと思います。

 

おわりに

写真の世界は難しく、プロでも好きなレンズやカメラは異なります。

結局他人からいくら言われたとしても、他人と自分の好みの写真は違うため、大事なのは自分がどう感じるかが非常に重要です。

正直、単焦点と高倍率ズームを買って、どっちの写真が好みかテンション上がるかでようやく好きな撮影の仕方が見つかると思います。

もちろん、撮影していくうちに好きな写真が変わることもあります。

この記事や他人の意見はあなたにとってあくまで参考にしかならなく、最終的に決めるのはあなたです。

ニコンのカメラであれば別の記事で紹介してますので、是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました