スポンサーリンク

Nikon 一眼レフカメラ D5300とD5600の違い

カメラ

日本のカメラメーカーNikonが今出しているエントリーモデルのD5300とD5600をどちらか迷ってる人向けに書いてみようと思います。

どちらも画質、撮影時の操作性はほぼ同じですが、D5600に買い替えた人間として大きかったのは二点+α

スポンサーリンク

SnapBridge(Bluetooth通信)

D5300でもwifi対応しているため、スマホとの通信は可能です。
しかし、スマホに送るまでの手順が多く、操作性、安定性にも欠けました。

今回のSnapBridgeは、最初に設定しておけば自動的にスマホに送信してくれます。

 

デメリットがあるとすると、wifiは選んで送信だったことに対して、SnapBridgeは全て送信のため、失敗写真も送られたり、スマホ送信時にファイルサイズを小さくされます(画質が落ちます)

ただこれに関してはスマホでは分からないレベルの画質の違いだと思います。

今度、PCで取り込んだそのままの画像とスマホに送られた画像の差を検証してみようと思います。

 

それ抜きにしても今まで小さいモニターで確認していたのをすぐにスマホでチェックできるし、何もしなくても(最初に設定しておけば)すぐSNSに上げられるのは大きな利点だと思います。

タッチパネルの実装

これが割と大きかったりするのが、ライブビュー撮影時にオートフォーカスをタッチパネルで指定するスマホライクな撮り方も可能。

そのため、旅先で撮ってくださいとお願いするとき、お願いされた方が迷いにくいという利点は大きいと思います。

まぁ素直にそういうときはスマホを渡すのもアリですが…

 

+α

軽くて持ちやすい

65g軽くなっている上、持ち手のグリップが深くなったため、軽さ以上に持ちやすくなっていること。結構重要です。

 

標準レンズがAF-Pレンズに変更

今では、D5300のレンズキットもAF-Pレンズになっていますが、自分が買った当時はAF-Sレンズでした。

このレンズの詳細な話は、また今度か書いてあるブログを紹介したいと思いますが

とにかくこの標準レンズが静かでAFが早い。これに尽きます。高速で動いているものを綺麗にピントが合います。

かなりレンズキットのレンズの中ではかなり評価の高いレンズです。

 

値段の差は?

[amazonjs asin=”B01N0BC5TR” locale=”JP” title=”Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 ダブルズームキット ブラック D5600WZBK”]

[amazonjs asin=”B06X3SQPH9″ locale=”JP” title=”Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 AF-P ダブルズームキット ブラック D5300WZ3″]

 

参照元:Amazon(※2018/08/17時点の価格)

D5600:69,800円

D5300:56,920円

 

通信はwifiで十分、タッチパネルも不要であれば、より価格の安いD5300はオススメできます。

値段が安いということは差額をレンズに回せるのでより良いレンズを買うことができるので、それも大きいです。

 

まとめ

自分の中では、上記の点でD5600を必要と思ったため、買い替えました。

完全にD5600の良さのアピールになってますが、それくらいいい機種だと思いますし、これ以上、どう進化するの?と思うくらいのカメラだと思います。

発売してもうすぐ2年のため、次期製品(D5700?)が期待されますが、今初めて一眼レフカメラを買うのであれば、D5300やD5600はオススメの機種です。

 

一長一短はあると思うので、自分が何を重視する(したい)のか考えてみるといいと思います。

何かあれば、相談に乗りまずのでお気軽に!

 

↓こっそりオススメのお店「マップカメラ」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました